ママぽちっ!

とあるママの妊娠・出産・子育て体験記

帝王切開後の整体はいつから?実際に行ってみて感じた注意点や効果はコレ!

 

こんにちは。ぽちです。

今日は帝王切開後の整体について、記事にしていきたいと思います。

 

 

帝王切開の整体はいつから行って良い?

 

これは帝王切開か自然分娩か関わらず、産後1か月の間、ママにとって1番大切なことは「安静にすること」です。

 

出産という大仕事を終えたばかりの身体は自分が想像する以上に疲れています。

整体へ行くのは、1か月健診で「異常無し」との診断を受けてからにした方が良いでしょう。

 

「帝王切開の場合でも産後1か月で整体に行って大丈夫?」と思われるかもしれませんが、1か月健診で異常が無く、且つ傷などの痛みが酷くなければ行っても大丈夫です。

現に私も、帝王切開後1か月と数日で整体に行きましたが、問題ありませんでした。

 

これから私の体験も交えて、注意点や効果などについてまとめていきたいと思います。

 

帝王切開後に整体へ行くと、どんな効果があるの?

産後の整体と言えば、真っ先に骨盤矯正が思い浮かぶでしょう。

赤ちゃんが骨盤を通って産まれてくる自然分娩と比べ、ママのお腹を切って赤ちゃんを取り出す帝王切開の場合、骨盤の開きは少ないと言えます。

 

しかし、全く開いていないかと言えば、そんなことはありません。

帝王切開でも、骨盤矯正を受ける意味は大いにあります。

 

また、身体のバランスを整えてもらうことで、身体がとても楽になります。

妊娠中に大きいお腹を支えるために反り腰になってしまったり、産後についつい利き手でばかり赤ちゃんを抱っこしてしまって片方の肩が異常に凝ってしまったり…ママの身体の至るところには歪みが生じています。

 

整体でこれらの歪みを整えてもらうと、身体のバランスが良くなり、身体がとても楽になります。

 

整体を受けるときに注意すべき4つのポイント

1、終了時の立ちくらみに注意しよう

妊娠中、大きなお腹を支え続けたママの身体。
お腹が大きいと、お腹で血流が遮られて下半身まで血が流れないなど、全身の血の巡りが悪くなることが多いです。
そのため、よく「妊娠中はむくみやすい」と言いますよね。

整体を受けると血流が一気に良くなり、施術後立ち上がった瞬間くらーっと強い立ちくらみに襲われるかもしれません。

施術後すぐに立ち上がろうとせず、少し休んでから動くようにするなど工夫するようにしましょう。

 

2、母乳パットを着用しよう

母乳はママの血液で出来ていますよね。

 

前述のように、整体を受けると血流が良くなるので、いつもより多く母乳がつくらてしまうことがあります。

そのため、整体後に痛いほど胸が張ってしまうことも…。

 

私は息子を母乳・ミルク混合で育てており、出る母乳の量は決して多くない方だと思いますが、そんな私でも施術を2時間ほど受けた後は胸の張りを感じました。

 

母乳育児をしているママが整体を受ける際は、母乳パットを着用した方が安心でしょう。

施術後に搾乳出来るよう、大きなタオルなどを持参しておくと尚良いかもしれないですね。

 

3、ナプキンを持参しよう

個人差があると思いますが、産後1か月が経過したころだと、悪露はかなり薄い色になり、量も少なくなっているという人が多いのではないでしょうか。

 

しかし整体で骨盤矯正をしてもらうと、色の濃い悪露が出たり、量が増えることがあります。

これは骨盤矯正によって子宮の収縮が促され、子宮内に残っていた血液などが排出される要因になるためです。

 

私も、整体を受けた3日後に真っ赤な鮮血が出、それから3~4日くらい色の濃い血が出続けました。

「これは悪露ではなくて生理かも?」と思ったほどです。

 

2か月健診の際に医師に報告したところ、「子宮の様子から生理はまだ戻っていないようだから、それは悪露だったのでしょう。」とのこと。

真っ赤な悪露が出た原因が必ずしも整体だとは言い切れませんが、タイミング的にその可能性が極めて高いと思います。

 

私は整体の3日後に出血しましたが、中には時間をあけずに出血する人もいるかもしれません。

「もう悪露は終わりかけor終わった」という人も、念のためナプキンを持参しておくと安心です。 

 

4、うつ伏せの施術は無理に受けないで

全身の整体を受ける際、うつ伏せ・仰向け・横向きなど様々な体勢になることがあります。

 

「もうお腹の傷も痛まないし!」と思って整体に来た方でも、うつ伏せになって背中を押されたり、お腹周りに強い力をかけられたりすると、再度傷が痛み出す可能性があるなど、あまり良くありません。

 

整体開始前には必ず帝王切開をした旨を伝え、辛い体勢を避け、無理のない範囲で施術を受けるようにしましょう。

 

終わりに

産後は子育てに忙しく、外に出る時間を確保するのが難しいかもしれませんが、たまには赤ちゃんから離れて息抜きすることも大切です。

 

私の場合、旦那が休みの日に「今日は俺が息子見てるから、たまには息抜きしてきなよ!」と言ってくれたので、その言葉に甘えさせてもらい、整体に行きました。

積極的に育児に参加してくれる旦那で、本当にありがたい!

 

出産という大仕事を終え子育てを頑張る自分へのご褒美として、空いた時間に整体へ!

身体も楽になりますし、おススメですよ!!