ママぽちっ!

とあるママの妊娠・出産・子育て体験記

1人でも簡単!負担が少ない沐浴の方法「外洗い」とは?手順を写真付きで紹介!

 

こんにちは!ぽちです。

 

早いもので、息子が産まれて1ヶ月が経とうとしています。

子育て…やってみると想像以上に大変ですね。

 

特に大変なのが沐浴

バタバタ動く赤ちゃんがベビーバスに落ちないように支えつつ身体を洗う…中々の労力を要し、終わった後は毎回ぐったりというママも多いのなはないでしょうか。

 

でも、そんな沐浴の負担を軽減できる、おすすめのやり方があります。

「外洗い」という方法です。

 

 

外洗いとは?

 

一般的に、産院などで教えてもらう沐浴の方法は、ベビーバスの中で赤ちゃんを洗う「内洗い(インバス法)」という方法であることが多いと思います。

一方で「外洗い(アウトバス法)」とは、ベビーバスの外で赤ちゃんを洗う方法のことです。

 

外洗いの手順を写真付きで解説

 

1、沐浴の準備をします。

 

f:id:nuts2you:20171209234327j:image

 

★用意するもの★

 

・お湯を貼ったベビーバス(温度確認用の温度計があればなお良し)

 

・掛け湯用のおけ

 

・ベビーソープ(石鹸よりも、ポンプ式で押せば泡が出てくるタイプのものの方が楽)

 

・バスタオル1枚

 

・ポリ袋に入れた座布団(座布団が無ければタオルやクッションなどで代用可)

 

・ガーゼ1枚

 

・着替えとオムツ(沐浴終了後に着せるもの)

 

・その他、沐浴終了後に使うもの(保湿クリーム・爪切り・綿棒・へその緒用の消毒など)

 

 

赤ちゃんの下にはバスタオルを敷きます。

このバスタオルは、沐浴後に赤ちゃんの身体を拭いてあげるためのものです。

 

テーブルなど固い台の上で沐浴を行なっている場合には、そのバスタオルの下に座布団(濡れてしまう可能性があるので、ポリ袋などに入れておくと良いかと思います。)を敷いて、柔らかくしてあげましょう。

座布団が無ければ、タオルやクッションなどで代用して下さいね。

 

2、顔を拭きます。

 

温かいお湯で濡らしたガーゼで、赤ちゃんの顔全体を優しく拭いてあげましょう。

 

3、髪を洗います。

 

2で使ったガーゼを再度温かいお湯で濡らし、それを赤ちゃんの髪に付けて軽く湿らせます。

その後、ベビーソープを手に取り、手で髪を洗っていきます。

 

この時、下の写真のように、赤ちゃんの服を1枚脱がせて頭の下に敷いておきましょう。

前述しましたが、このバスタオルは沐浴後に赤ちゃんの身体を拭いてあげるためのものです。

服を1枚敷いておくことで、ベビーソープや水分がバスタオルにつかずに済みますよ。

 

f:id:nuts2you:20171209235245j:image

 

4、胴体・背中を洗います。

 

オムツ以外の洋服を脱がせ、上半身を洗っていきます。

このときも2・3で使用したガーゼをお湯で湿らせ、身体に付けて軽く濡らしてから、ベビーソープを手に取って洗ってあげましょう。

 

f:id:nuts2you:20180402191955j:image

 

この写真のように、脱いだ洋服はどかさず、その洋服の上で赤ちゃんの身体を洗ってあげればOKです。

 

5、オムツを外してお尻・足を洗います。

 

上半身が洗えたら、今度はオムツを外し、4と同じ方法で下半身を洗います。

 

なお、4・5の行程で赤ちゃんの身体の状態をチェックするのも忘れないようにしましょう。

 

6、身体全体の石鹸分を拭き取ります。

 

この時点で赤ちゃんの身体は石鹸の泡がたくさんついた状態ですよね。

この石鹸分を拭き取るのに、先程脱がせて赤ちゃんの下に敷いたままにしておいた服を使います。

軽くで良いので、脱がせた服で赤ちゃんの身体の泡を拭いてあげて下さい。

 

7、いよいよベビーバスへ入浴!

 

ベビーバスの温度が適温かを確認し、赤ちゃんをベビーバスの中に入れます。

6の行程だけでは石鹸分が落ちきりませんので、しっかり石鹸分を落とします。

 

8、さっとかけ湯をしたら、湯上りです!

赤ちゃんの身体が温まったら湯上りです!

このとき、6で石鹸分を拭き取るのに使った脱いだ服がバスタオルの上に置いてあるかと思いますが、それをどければ…

 

f:id:nuts2you:20171210000717j:image

綺麗なバスタオルが出てくるので、赤ちゃんをさっと包み込むことができます。

湯冷めもしなくて安心ですね!

 

外洗いのメリット

 

ママ・パパの身体への負担が少ない

 

内洗いの場合、赤ちゃんをお湯に落とさないようにしながらベビーバスの中で全身を洗うなどしなければなりません。

ベビーバス内での作業が長時間に及ぶため、赤ちゃんを支えるママ・パパの腕や腰に大きな負担がかかります。

 

一方外洗いの場合、ベビーバス内で行う作業は石鹸分を落とすことだけ。

あとは赤ちゃんの身体が温まれば湯上りなので、ベビーバス内での作業が短時間で済むのです。

 

外洗いは、ママ・パパの負担を大きく軽減することが出来ます。

 

隅々まで洗うことが出来る

 

内洗いの場合、赤ちゃんの身体を片手で支えつつ、もう片方の手で身体を洗わなければなりませんよね。

しかし外洗いは、赤ちゃんを平坦な台の上に置いた状態で両手を使って身体を洗うことが出来る方法です。

 

これにより、赤ちゃんの身体をより丁寧に、細部まで洗うことが可能となります。

 

外洗いのデメリット

 

赤ちゃんの身体が冷えやすい

 

お湯の中で身体を洗う内洗いと比べ外洗いは裸の状態で外気に触れている時間が長くなるので、赤ちゃんの身体が冷えてしまわないように注意しましょう。

 

そのためにはなるべく手早く、短時間で作業を終えることがポイントです。

 

石鹸タイプのベビーソープだと、自分の手で泡だててから赤ちゃんの身体を洗わなければならず、時間がかかってしまいますので、ポンプ式で泡が出てくるベビーソープを使うと、少し時間が短縮出来ると思います。

慣れてくれば、全行程を10分くらいで終えられるようになりますよ!

 

終わりに

 

私は帝王切開で出産し、退院してからもしばらくの間は傷が痛むなど体調が安定しませんでした。

 

そんな中、内洗いで沐浴をさせると、ますます傷が痛むなどして非常に負担だったのですが、外洗いに切り替えてから負担をぐっと軽減させることが出来ました。

内洗いより外洗いの方がずっと簡単で楽です。

 

また、「内洗いだと、誰かに手伝ってもらわないと沐浴させられない…。」という方も多いと思いますが、外洗いであれば1人でも問題なく沐浴させられます。

術後の私でも1人で出来ました。

 

・里帰り出来ない

・パパの帰りが遅くて手伝ってもらえない

 

等の理由でワンオペ育児をされているママに、とってもおススメの方法です。