ママぽちっ!

とあるママの妊娠・出産・子育て体験記

出産レポ③〜帝王切開当日の流れ。手術中は意識があるの?所要時間は?~

 

こんにちは。ぽちです。

 

陣痛促進剤を2日にわたって投与したにも関わらず、出産には至らず…。

3日目のこの日も陣痛促進剤を投与してもらうか、帝王切開に切り替えて出産するか迷った結果、後者を選択することにしました。

今回は、帝王切開当日の流れや所要時間などを記事にしたいと思います。

 

陣痛促進剤投与についての詳細は、前回の記事↓をご覧ください

 

 

手術に至るまでの流れ~私の場合~

先生と相談した結果、私の手術開始時間は14時に決まりました。

 

午後から手術開始の場合、朝食はとっても良いとのことで、8時ころ軽めの朝食(クロワッサンとサラダ)が用意されました。

それ以降は絶食。

飲み物はお茶とお水に限り、お昼ころまで飲んでも良いとのことでした。

 

朝食をとり終えた後、先生から改めて手術についての説明を受け、同意書に署名。

その後、手術に向けた様々な処置を受けました。

具体的には浣腸・採血・血圧測定・心電図・必要箇所の剃毛などです。

中でも一番嫌だったのが、尿道カテーテルの挿入。

術後はしばらく動けずトイレに行かれないため、必ず挿入しなければならないのですが、尿道口にチューブを入れる瞬間にものすごい違和感が…。

 

一瞬で入りますし、一度入ってしまえばその違和感もあまり気にならなくなるのですが、とにかく入れる瞬間があまりにも気持ち悪くて、看護師さんに「ちょっと待って!」と叫んでしまったほどでした。

 

リスクはあるの?

手術についての説明を受けた際、リスクについての話もありました。

帝王切開は母体への負担が大きい出産方法であるため、リスクも主に母体に対して発生します。

私が説明を受けた主なリスクは以下のとおりです。

 

1、術中のリスク

 

・出血多量

・術中合併症(膀胱や腸管の損傷など)

・麻酔による呼吸抑制やアレルギーショック

 

2、術後のリスク

 

・術後合併症(肺塞栓症・肺水腫・出血・感染・縫合不全・腸閉塞など)

・次回妊娠時の問題(子宮破裂の危険性の高まりなど)

 

 

特に怖かったのは、「術後合併症で子宮から大量出血した場合、子宮全摘出をしなければならない可能性もある」という説明を受けたときです。

いつかお腹の赤ちゃんに兄弟をつくってあげたいし、子宮全摘出は嫌だ…そう思ったので、不安な気持ちを先生に正直にお話したところ、

「医者は、起こりうる全てのリスクを患者さんに伝えなければならないけど、これまで何年も産婦人科医をやってきて、それが原因で子宮全摘出に至った人は一人もいないですよ。」

と言って下さり、不安を取り除くことが出来ました。

 

リスクについては、術前に必ず先生から説明を受け、不安な点は遠慮せずに相談するようにしましょうね。

不安な気持ちのまま手術に挑むのと、そうでないのとでは、大きな違いがありますよ!

 

お腹の切り方は縦と横どっちが良い?

また、術前にお腹の切り方を選択してくださいと言われました。

縦切り横切りの2種類があり、それぞれ

縦切り胎児を取り出しやすい

横切り母体の傷が目立ちにくい

というメリットがあるそうです。

 

また、助産師さんが「あくまで私の主観だけど、術後に”少し傷がつっぱる”と言って来院するママは、横切りの人の方が多い気がする。」と教えて下さいました。

 

正直、無事に出産出来ればどちらでも良かったのですが、「まだ若いから横切りにしたら?」という先生の勧めで、横切りにしていただくことにしました。

 

いよいよオペ室へ!意識ははっきり、産声も聞ける!

一連の準備を終え、14時になり、歩いてオペ室に向かいました。

 

私にとって人生初の手術だったので、オペ室が近づくにつれて恐怖が増し、オペ室の前で旦那と両親に見送られたときには思わず泣きそうになってしまいました。

そんな私を見て、看護師さんが付き添って下さったのが大変ありがたかったです。

 

手術台に横になり、まずは麻酔を打ちます。

麻酔には全身麻酔局所麻酔がありますが、帝王切開の場合、局所麻酔をすることがほとんどなのではないでしょうか。

私も局所麻酔で、背中に麻酔の針を打ちました。

 

「よく、注射中に怖くなって背中をのけぞらせてしまう人がいるのですが、それだと針がうまく刺さらないから、動かないでね。」と言われたものの、やっぱり怖くて何度か動いてしまい…3度目くらいでようやく成功しました。

成功すると胸から下の力がすーっと抜けていき、しびれたような感じになって動かせなくなりました。

腕は動かせますが、台に固定された状態です。

 

オペ中、胸のあたりに仕切りがセットされるため、お腹が切られている様子が目に入ることはありません。

お腹を切ってその皮膚を先生が少し引っ張ったときなどに、「あ、触れられてる!」と感じましたが、痛みは全く感じませんでした。

 

そして…お腹にメスを入れたから約10分が経った14時37分、産声が響き渡りました!

 

産まれた我が子を助産師さんが私の顔の近くに連れてきてくれ、元気な姿をこの目で見ることが出来ました。

我が子との対面を果たした後、先生が眠くなる薬を入れてくれたようで、次に目が覚めたときにはお腹が閉じられていました。

 

オペ室入室から出産まで37分…思ったよりあっという間に終わったなという印象です。

 

帝王切開でも頭部吸引されることがあるなんて…

出産後、先生から「赤ちゃんの頭に、少しぷよぷよした部分がありますが、赤ちゃんの頭が大きかったので少しだけ吸引させてもらったために出来たものです。そのうち無くなりますので気にしないでね。」と説明がありました。

 

え…確かに我が子は妊娠中から頭が大きいと言われ続けてきたけど、帝王切開でも頭部吸引することってあるの!??と驚きました。

 

今日では帝王切開の際、母体に大きい傷を残さないため、お腹をなるべく小さく切るようにしているそうです。

ですので、まれではあるもののその切り口から頭が出てこなかった場合、吸引されることがあるのだそうです。

我が子の頭は相当大きかったのだと改めて痛感した瞬間でした(笑)

 

手術後はしっかり休んで!

手術が終わってもまだ麻酔が残っており、動けはしなかったものの痛み等一切感じなかったので、 術後は親族や職場、親しい友人などに出産報告のメールを送ったりしながら過ごしていました。

19時ころには水なら飲んでも良いという許可も出ました。

 

ところが、夜中になって胸から徐々に麻酔が切れていき、お腹周辺の麻酔が切れたとき…猛烈な腹痛が!!!!!

 

帝王切開後の腹痛、本当にシャレにならないくらいの痛みです。

 

私の場合、痛みのピークは術後2・3日でしたが、この間は眠るのも辛く、寝不足になってしまいました。

「まだ麻酔が効いている間に、メールを送ったりしていないで眠っておけば良かった!」と心から後悔。

術後はしっかり休んで下さいね。

 

帝王切開後の痛みについては、また次の記事にて。

 

続きはこちら↓

その他出産レポートはこちら↓